<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ネットから、コピペして転用しています。
自分用備忘録お勉強になります。
http://www.wajimajapan.jp/


輪島漆のサイト

うるし百話 その7 「 漆の取扱い方の基本 」         「漆器は手入れが面倒」「漆ってよく分からないから使うのが心配」そう思っていませんか?基本が分かればとても簡単です。  考え方の基本は「手肌が嫌がることをしない」だけ。 たわしを使ってクレンザーで手や肌を洗いますか?手を漂白しますか?電子レンジでチン?食器乾燥機で熱風乾燥、手は心地よいでしょうか。そうそう直射日光の紫外線が苦手なのも同じです。    うるし百話の5で紹介しましたが、水は漆の栄養分。 保水力が保たれる事がとても大切なのです。 とりあえず肌と漆器で置き換えてイメージしてみて下さい。 「3年間大事に仕舞ってあります」は三年間お肌に水分をあげていません、と言う事になります。 「でもお重箱は、お正月だけよ。去年ハワイだったから2年仕仕舞ったまま」「硯箱や飾り物も洗うの?」そんな声も聞こえてきそうです。  実際には三年間身体を洗わないと言うことは考えにくいのですが、汚れの問題を無視すると、3年で肌が ガサガサになるわけではありません。生活環境には空気中に湿度と言う水分があります。 でもスキンケアで保水力を高めた方が、間違いなく肌には良いのです。 したがってこの場合もう一つ考えておくべきは環境。 昔ながらのすきま風が吹く様な家なら余り問題ありませんが、サッシで密閉したマンションでクーラーを入れっぱなしであれば、洗ったり濡れた布で拭く程度でも意識的に水分をあげた方が良いと思います。覚えておいて下さい。「漆の肌は貴方の手肌」。そう思って使ってみて下さい。  でも「毎日使って洗ってるけど白っぽくなっちゃった」そんなお悩みは、長くなりますのでいずれ又。 洗い方の実務「つけおき洗いと洗剤」で説明します。 食の専門家ではありませんが、輪島で漆のお椀を作っている塗師の独り言。 伝統工芸・うるしの智恵と不思議を、食と器の面から少しご紹介出来ればと思います。 漆に興味のある方は「ギャラリー遊庵」でフェイスブックページを開きましたので、これまでの漆百話も ご覧頂けます。           輪島    松本石太郎漆工房                 松本 昌夫 http://www.wajimajapan.jp/

posted BY キコ | 名品&美味 | 2017.06.22 | CM : 0 | TB : 0
熊本のお土産にいただきました、
古墳の里 饅頭。
案外はまってとまらなくなります。
サツマイモの甘さだけで美味しい。

断面


posted BY キコ | 名品&美味 | 2017.06.21 | CM : 0 | TB : 0
He is choosy about food.

彼は食の好みがうるさい

choosy

好みのうるさい・良い物だけを選ぶ

She doesn’t afford to be choosy.

彼女はえり好みする余裕はありません

posted BY キコ | English | 2017.06.21 | CM : 0 | TB : 0
とうとう夜半に降り出しましたね。
朝からは津久野、高石、中百舌鳥、と、
久しぶりに移動&移動でした。
津久野で、象に遭遇!!
びっくりしました。

午後は、お友達に招いていただき、
ホームコンサートへ行って参りました。

ジャズピアニストの方の演奏は。
音色が軽くスキップしたくなるような
心が浮き浮きするメロディでした。
しっとりしたサックスの音色のジャズが大好きなわたくしですが、
アフタヌーンてぃーや、明るい日差しのもと、キラキラする昼シャンパンを
いただきながらの軽快なジャズサウンドは心地よく。

1900年頃の、ウェッブのクリスタルグラスに注いでいただく白ワインは
まるで宝石のよう!

和の世界にある、
お茶のぴんとはりつめた、
所作と所作の世界も、
あの緊張感が好きですが、
この場所の、ホストであるお友達のもつ、お人柄、すべてを包み込むおおらかな優しさだけで出来上がった布でくるまれているような時間も、
わたしにはまるで心の浄化そのものに感じました。
お招きありがとうございます。

お会いしたかった方々とも再会でき、
楽しい時間でした。



今日の朝食のオードブルは
は、宮崎マンゴー。贅沢です!


posted BY キコ | パーティやお出かけのこと | 2017.06.21 | CM : 0 | TB : 0

She is good at whipping up a wonderful meal.

 

彼女はおいしい食事を手早く用意するのが得意です

 

 

whip   さっと動く・激しく打つ・泡立てる

 

 

I don't like people who often whip a dead horse.

 

済んだ話を蒸し返す人は好きではありません

 

 

 

 

 


posted BY キコ | English | 2017.06.20 | CM : 0 | TB : 0