<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「好きなことは、趣味。
人の役に立つことは仕事。」
と、
敬愛する植松努さんの言葉です。
ならば、
わたしの天命や使命はなんだろう。。
どんな生き方が託されているのだろう。

それを知りたいと思いさまよう時期って

誰もがあるのではないでしょうか。

わたくしの場合は、循環型社会の一端を担うこと。
よいものをリサイクル。
新しく木を切らないで、家具を手に入れる。
地球の資源をこれ以上減らさないで、生活するすべを提案。

昔からの古いもの<良いもの>を活用する=アンティーク=リサイクル思考のお手伝いが
自分の役割に思います。

映画「風の人になりたい」を息子と観てまいりました。
終了後は
岡本さんと、ジュンさん、かく りえさんから、
いろいろ考えさせられる座談会へと移行。

太古の昔、人々は空から、大切なメッセージを受け取り気づき、天命、使命に目覚め、
生きることと村を育むのにに役に立つライフラインを持っていました。

http://ameblo.jp/agnes99/entry-12159256213.html
靈について

今はそれは忘れ去られ、目に見える、耳に聞こえる、ことだけが正しくて真実だという概念になり
メールと電話、インターネットからの情報しか、ホットラインをもたない受け取ることを忘れてしまった現代の人びと。
インディアンやイヌイットのような、先住民族は
ダンスや儀式をして、宇宙からのメッセージを受け止め、地域のあるべき形や
問題を解決する方法、悩みを解決し、未来を切り開く知恵を授かりながら生きてきたのですね。


今を生きるための知恵をどこから得る?。

まだ実現できていない世のためになるアイデアのピースを組み合わせて、日常に
活用できる形に具現化する方法の答え。

そして、わたしにとって、なんだかホッとする指南がありました。

どんなに大きな課題も、目の前のそばにいる人や隣人との幸せなコミュニティやつながりから、
始まる。
結局、小さなことが、大きな未来を連れてくるとゆうお話。これじんわりきました。

難民救済とか世界平和とか森林保護が望みなら、

まず、シリアのアレッポまではいけないから、自宅のお風呂場にあるアレッポの石鹸をもっと大事に使って、リピートして、

応援するとか、お向かいのhosoiさんちのおばあさんに「何か困りごとあったら、いつでも言ってね」と

声かけるとか、様子のおかしい子供がいたら、声かけてあげるとか

お庭の植木に愛情かけてお水あげるとか、まずそこから。。。

でもそれがちゃんと遠くの場所の難民にも森林にも繋がってる。空気も陸も繋がっているから。

そうしたら、

大きなことはできないけど、一期一会、今目の前の人、隣人、身近な友、家族をしっかり受け止める。、

ただ与えることを考えるだけでいい。

今のわたくしの生きる喜びを、肯定していただいた。

自分が無力に思わなくてもいいんだと支えになりました。

また、いまも残る差別の世界。
アメリカインディアンや、先住民族だけでなく、
日本にもある差別。
たくさんの、お話を交差するように
体験できました。

わたしも、
また、明日からの使命のためのピースを
このときたくさんいただいたので、
さっそく、これらを少しでも具現化したいと思います。
とはいえ、
わたしとしては、たのしくなくてはね。
まずは、
ビアサーバーがとどいたので、
美味しいビールでも飲もう会がよいかなぁ。。。
あかんね、すぐにそっちへ出かけてしまう。

うーん。脳みそがパラダイスなのが悪いんだ。

悔いるよ。

っていうか、

食いすぎ。。かしら。

ダイエットしないと。。。

月末にクルーズにご招待いただいてるけど、過積載なんて怖すぎ。

追伸、アンティークの版画はとってもオススメのインテリアです。

100年以上前の版画は目を疑うほどに精巧で卓越した技術を駆使して作られています。なのに、決して高くはありません。

アート、とりわけ絵画の本物を自宅のお部屋に飾って楽しめるわたしのオススメアンティークの一つ。

#先住民族

#天命

#使命

#メッセージ

#とりあえずビール飲む?

#大事なのはいつもすぐ近くに目を向けること

#先住民族

#天命

#使命

#メッセージ

#靈


posted BY キコ | パーティやお出かけのこと | 2017.07.09 | CM : 0 | TB : 0

posted BY スポンサードリンク | - | 2017.07.22 | CM : 0 | TB : 0

Comment

Comment form









Trackback

トラックバックURL :