<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

サロンで、お片づけをせっせとしていたら、

 

なんと銀行へ行かないといけないことに気づいた12じ。

 

慌てて、家を出たので、

 

着替えもしないで、地引き網のような格好に、靴下と草履。

 

いいもん。誰にも会わない。

 

郵便局から出たら、2号線のお向かいの、

 

海坊主こと、クボデター『和竹竿 釣具店」さんの電気が点いているのに気がつきました。

 

いるんだー。

 

すっぴんで、地引き網でしたが、クボデターさんだったら、完全メイクしていても、どっちでも

 

同じだと知っていたので、

 

そのままこんにちはーと。

 

お久しぶりでしたので、

 

談笑。

 

お気にりの、画家に描いてもらった、自画像や、

 

イタリアの画家から手に入れた、自慢の美術コレクションを見せてもらったり、

 

漆の技法の説明をしてもらったり、久しぶりに色々おしゃべり。

 

今、灘高校の高校生が、漆のレッスンに通っているのだとか。

 

素敵なお話。

 

ほどほどで、切り上げて、ちょっと、駅前のスーパー シーアに寄って、

 

帰ろうと思っていたら、

 

ローラアシュレイが、日本撤退するので、処分セールしていました。

 

便利そうな、コートハンガーを見つけて購入。と思ったら、

 

お財布を忘れてきたことに気づいて、

一度、家に帰宅して、

 

それから、もう一度ローラアシュレイに戻ると、、

 

ずっっとずっと昔に、私のサロンでアルバイトしてくださっていた、

 

渡辺美奈代似(仮名)さんとばったり!ワーーー。

 

もうかれこれ、8年くらいのブランクです。

 

二度ほど、サロンへ遊びにいらしてくださったことありますが。

 

嬉しくて、4階のカフェでお茶することに。

 

お話していると、

 

お辞めになってから、ちょっとした辛いことがあったらしく、心が痛みました。

 

ある人(ピコ太郎仮名)といわれなき揉め事になり、

 

ピコ太郎が、sskさんに、『渡辺美奈代似はひどい人だ。ひどいことをされた』と

 

相談なさったらしい。

 

sskさんは、(5年ほど前ですが)私のサロンへ、

 

いらっしゃった時に、『渡辺美奈代似さんが、こんなひどいことをした』と(ピコ太郎から)聞いたが、

 

きこさんはどう思う?と。

 

私は、自分が知っている、

 

渡辺美奈代似さんは、

 

明るくて、思いやりがあって、仕事熱心で、怠けたりとは無縁で、

 

いつも一生懸命、働いてくださったし、優しい人です。

 

いつぞやか、六甲に大雪が降って、バスも止まって、

 

とてもたどり着けないと思っていたら、

 

いつもはバスで来られるのに、びしょ濡れになりながら、歩いて来られて、

 

その勤勉というか真面目で約束を守る責任感の強さが忘れられない。そんな人です。

 

と、話すと、

 

確認のために、私に質問なさった、sskさんは、

 

『よくわかりました』と、帰って行かれました。

 

そのことは、

 

私が知らないうちに、

 

渡辺美奈代似さんに伝わっていたようで、

 

この日、彼女は、

 

あの時、そう言ってくださったことを本当に、感謝している。

 

と、

言ってくださいました。

 

私は、ただ、本心を述べただけですが、嬉しくて。

 

真面目に、そして、人に優しく暮らしていても、

 

こんな風に、天災のように、

 

人付き合いの災いは降ってくるのだなぁ。

 

こんな素敵な人に、悪意を向ける人がいるなんて、

 

私には想像もつかないのですが、

 

世の中には、いろいろな人がいると、肝に銘じたいと思います。

 

そして、いつでも、

 

嘘をつかずに、正しい道を歩いて行こう。

 

今日のこの日のように、

 

ぐるっと回って、ちゃんと、戻ってくる日がある。

 

お天道様は見ているのですよきっとね。

 

なんにしろ、そういうことがって、

 

人間不信にお散ってしまった彼女の、気持ちが少しでも軽くなって、

 

明るさが戻ったことは何よりです。

 

再会できてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


posted BY キコ | セレンディピティ | 2018.07.11 | CM : 0 | TB : 0

明治の大堀さんに声かけてもらい、
或る夜、三宮で晩御飯でした。

Dジャーナルの、平井宝子さんと、再会。

8年?10年?ぶりかもしれません。
Dジャーナルさんの友の会に入っていたことがありました。
懐かしい。


お会いしたのは、どなたかの『文章の書き方講座』。
(その時は存じ上げませんでしたが平井さんは主催のおひとりだったとか)
その講座自体は、しょーもな。。。いえ、

あまり中身のある内容ではなかったのですが、
こんなふうに時を経て、再会するととても嬉しい。

仲しく、当時のことで盛り上がりました。

 

この日、大堀さんからいろいろプレゼントまでいただきました。
いつも、お会いするとあれこれポケットから出してこられて、

くださいます。

 

帰宅して、すぐ晩御飯に並びました。
明治ブルガリアヨーグルト。家族全員で美味しくいただきました。ごちそうさまです。

この日のお店は、
三宮のガリューさん。居心地が良くて気に入ってしまいました。
せんだっての、京都のドイツワインの会のメンバーで、神戸巡りの決行には
ここへこようかなぁ。

神戸ちょこちょこ巡り。いつにしよう?。

こちらはお庭のブラックベリーが
どんどんたわわに。



七夕のお茶会もたのしんでおります。


posted BY キコ | セレンディピティ | 2018.06.28 | CM : 0 | TB : 0
ビッグイシュー

英国発祥のホームレスの仕事をつくり
自立を応援する雑誌。
高槻の駅前でホームレスの方自身から、
購入させていただきました。
雑誌価格350円のうち180円が
このかたの収入になります。(???)
お金を与えるだけの支援ではなくて、
働いた報酬を受け取る、応援なのがよいと思います。
読んでみてビックリ,ワンダフルライフ
のコラムは、丹波のヒヨリブロード、塚本さんでした。
こちらのパンのファンです(???)。

ヒヨリブロードのパンを始めて体験したのは何年かまえに、
神河の野村くんがふらっとサロンに寄ってこられたときの手土産でした。
「この世で一番うまいパンみつけた」と。
実際あまりのおいしさに、友達の玲子ちゃんに電話。
仕事帰りに我が家に寄ってね、美味しいパンが手に入ったから。って。
美味しい美味しいってぴよぴよ言っているうちに、
野村くんが、できれば毎回買ってきてあげたいけど、このごろ人気らしくて、
注文しないと買えなくなったよ。と
そうこうするうちに、去年テレビにヒヨリブロードがとりあげられて
5年待ちに。コラムに登場とゆうことは5年待ちのパンを注文再開されたの?
と思って読んでみたら、巻末に現在は注文を停止中。
やっぱりまだだめみたい。 ヒヨリブロードが美味しいのは雑誌の広告で見たのではなくて、
友達から友達へと愛情の数珠つなぎを感じせいもあるとおもう。

posted BY キコ | セレンディピティ | 2018.04.30 | CM : 0 | TB : 0
テレビを観ていると
心にうかぶあのゆるきゃら。。




なぜなんだろう。

posted BY キコ | セレンディピティ | 2018.02.22 | CM : 0 | TB : 0
お友達と、なんねんぶりかの、
カラオケ。

東京

やしきたかじん


posted BY キコ | セレンディピティ | 2017.07.27 | CM : 0 | TB : 0

上巳の今日、
素敵なプレゼントをいただきました。
バルーンのなかに可憐なフラワーアレンジメントがはいっています。
嬉しいサプライズに心はパラダイス!

 




バルーンのなかにお花のアレンジメントが入っています。

ブリリアントなプレゼントで、
心がポカポカ。
珍しく自撮りしてみました。

いただいたバルーンが大きくて、カメラにはいりません〜。

 

優しいのぶちゃん。あさから嬉しいびっくりをありがとうございます。
いつもいつも愛情をありがとう。
午前中は、額装の納品を受け取り、とサロンのお片づけをして、

午後は中崎町へ。
<ふと、のぶちゃんも「一緒に行きましょう!」とお声かけようかしら。。と思ったけれど。。

彼女にはtooハードボイルド。。と。断念。次回誘います。>
わたしは、冒険家なので、レッツゴーはじめての中崎町へ。

 

ネパールの地震の2015年私はネパールに助けにも行けず、祈るばかりで何も力になれなかった。、

そのときに、いち早く駆けつけ、 ボランティアされておられた方がいます。

以来、心の中でずっと気になっていたダンサーでありパフォーマーの方とお会いするチャンスをいただき、

中崎町へ。

 

世界を廻られたその方のお話は神秘に満ちていて忘れがたい一日となりました。

 

ダンスを通じて、
西洋人全般=身体の軸が中心に1本、

日本人、タイ、アラスカインディアン、ネイティブアメリカン、マヤ、モンゴロイド、ハワイの人々=2本。

この2本ある人々に共通点は

 

ダンスは2ビートで、回る向きが同じなのだそうです。


 

#地面からエネルギーをうけとり、天から大いなる自然の言葉を受け取る

#陰陽のお話、

#目にエネルギーをためる手法、

#インターネットにはない情報について、

#引き寄せ力よりも、引き寄せたい人になる。

→その通りだと思います。

わたしもかねがね、引き寄せ力はわたしはなくてもよいなと思っておりました。

誰もが欲しいものは同じだとしたら、力比べになってしまう。

よいものの取り合いになり、勝ち負けのようなパワーゲームにはエントリーしたくないのです。

その方のお話はわたしにはとても共感できました。

わたしは引き寄せ力を持つ人にならなくてもよい。

自分自身が引き寄せられたい人ならなりたいなと思います。

#第六感とは何なのか

#記憶のデーターバンクは骨

#aiは過去の分析 わたしは未来を分析するために存在している

#蝶々骨はパラボラアンテナです

 

このようなお話を惜しみなく交わせていただき、

貴重な時間になりました。

 

わたしのことしするべきことやしたいことが、

どんどん増えて、

心が動く一日。

まるで、未来から、こちらへ早く来なさいと、じゃんじゃん電話が鳴っているような気持ちに。

 

そのダンサーの方は、明日も、ここで、

今日よりも興味ふかい、ダンスパフォーマンスがあるから、ぜひ来て欲しいと、

お誘いてくださったので、

わたしは一にも二もなく、それに出席させていただきますと、答えました。

 

その次の日、さらに面白い一日が訪れます。

それはまた続きとして書かせていただきますね。

 

今夜は、この素敵な今日に感謝 して、ここで終わります。

 

これからお会いできるかたとはこの感動を分け合いたい気持ちでいっぱいです。

世界は本当に素晴らしいと感じた今日でした。

 

 



posted BY キコ | セレンディピティ | 2017.03.06 | CM : 0 | TB : 0

11月のホームパーティーで、

自然大学時代からの古いお友達のてつおクンに

わたしの秘蔵っ子

アトリエ HIROUMI廣海貴晴さんをご披露したら

意気投合。

「お年賀状を出したいから住所教えておくれ」と連絡が来た。



のちほ。。

ほどなくしててつおくんから電話が

♪ルルルルル♪

てつお君「ねえ、驚いたよ、天王寺にいきつけのジャズ喫茶が

あって、そこの住所と、廣海さんの住所がおんなじなんだ。

明日久しぶりに訪ねようと思うんだけど謎解きに一緒にどう?」


ワタシ「てつおクンのいきつけの?それは面妖な。。。

ならばぜひお供しませう」





世界技能大会の金メダルを日本人の前人未到で達成した

若き宝石職人 廣海 貴晴(ひろうみ たかはる) さんの

工房を訪ねるなんてまたとないチャンス。

それの上ジャズ喫茶なんて面白そう行くに決まってる。


夕刻、同じ建物でも所有もでないというのに同じ番地の

それぞれの目的地に集合とあいなり

てつおくん

訪ねると、二代目の廣海さん(ひろぱぱ!?)もいらっしゃって、

快く迎えてくださいました。




工房はドアを開けると

シンプルで洗練された商談スペースがあり、

そしてその奥に。。。

お二人の工房が。。。

ここは世界のジュエラーをうならせる宝石が産み出される

魔法の洞窟。。。。

道具

工具は手作りのものもあって、

親子三代 培われた切磋琢磨がうかがえます。

めがね
バーナーで目を焼かないように防護眼鏡も
危険な男の香。。。

特別に入らせていただいたので貴重な体験出来ました。


偶然製作中だったのは

お友達JUNKOさんのリング
リング


地金をくりぬいたところでした


くりぬく???

そんなこと出来るので?

。。。アンビリバボゥ


みんなで軽いパスタディナーを食し
ひろうみさん
廣海親子二代で日本一になった時の賞状がバックに写っています


いざ、てつお君いきつけの ジャズ喫茶「ポコ」へ

ジャズ喫茶なるものに入国したのは初めてです

ジャズ喫茶がどういうものなのか


アズカリ知りませぬが

かなり濃いーーーー 濃厚。。濃密アトモスフィアでした。


夜が更けるまで語りあかす楽しい一夜でした。

めでたしめでたし


住所が同じ理由は結局分からずじまい。面妖です


ブログランキング参加しています。にゃんこのお顔クリック♪(=^ェ^=)ノ” してくださると喜びます
#おしろてつお
#アトリエヒロウミ
#ひろうみたかはる
#ジャズ
#ポコ
#セレンディピティ

posted BY キコ | セレンディピティ | 2008.01.26 | CM : 2 | TB : 0