<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
垂水の富田先生に、窓際をコーディネートしていただきました。

クリスマスのアフタヌーンティーです★



ぐっとテンションが上がってきました!



これに、先生にアドバイスいただいた、赤とグリーンのナフキンを+してみます。プラスしてどのくらい素敵に変身したかは、
。。。ぜひたのしみに〜!


わたしが大切にしている言葉です。
心にとめておきたいと思います。

◇イン・ラケッチ!(In lak' ech!)マヤ語で、
「私はあなた、あなたは私」
という意味のわたしの大好きな言葉


☆毎日の買い物で支払うお金
これは一種の企業投票なのだと消費者が自覚し、
私たちみんなが行動を変えれば
きっとCSR(企業の社会的責任)は浸透する事でしょう。


★世界の資産家の人はよく知っています
真の価値があるとは、
手に入れた人が得をするということです。

わたしのモットーでもあります。
アンティークは手に入れてからどんどん価値が増えてゆくのが楽しい。



★たのしく

肯定的に

あきらめないで

ときめいて

努力をおしまず

人のせいにはしない

でいきましょう!今日もおすこやかに〜♡



★『心が変われば、行動が変わる

  行動が変われば、習慣が変わる

  習慣が変われば、人格が変わる

  人格が変われば、運命が変わる』



★「チャンスに
出逢わない人間は
一人もいない。

それをチャンスに
できなかっただけである。

カーネギー



★人間関係やビジネスに問題が起きるのは、
言うことの「中身」ではなく、「言い方」が原因であることがほとんどです。
大嶋利佳さん


★本物と偽物の差はクオリティの差。

だから本物を知らなければ、偽物を見抜くことは出来ない。

本物が基準になるからだ。

by ジェフ(静岡の会員制シークレットレストランオーナー→



尊敬します

博覧強記(はくらんきょうき)


好きです
和敬清寂

アメリカの詩人・思想家エマーソンの言葉。

「Success」成功とはなにか

To laugh often and much; 
(よく笑うこと)

To win the respect of intelligent people 
and the affection of children; 
(知性のある人からの尊敬を得、子供たちに好かれること)

To earn the appreciation of honest critics
and endure the betrayal of false friends; 
(良心的な評論家に認められ、見せかけの友人の裏切りに耐えること)

To appreciate beauty,
to find the best in others;
(美しいものを理解し、他人のよいところを見つけること)

To leave the world a bit better,
whether by a healthy child,
a garden patch or a redeemed social condition;
(この世を少しでもよいものにして去ること。
それは、子供の健康や、庭の手入れ、社会問題の改善でもよい)

To know even one life has breathed easier
because you have lived. 
(そして、たった一人でもいいから、あなたが生きていてくれて良かったと思ってくれる人がいるということを知ること)

This is to have succeeded.
(それができたら、人生は成功だったといえる)
**************..



( ̄□ ̄;)!!
番外編

【 人間は判断力の欠如によって結婚し、

忍耐力の欠如によって離婚し、

記憶力の欠如によって再婚する 】

 フランスの劇作家 アルマン・サラクルー の言葉。。。。  (苦笑♡♡)


posted BY キコ | アンティーク・陶磁器 | 2012.12.10 | CM : 0 | TB : 0
長楽館のル・シェーヌでランチいただいたときに、

アンティークのカップがスープに使われていて、

すごいですね。ホントのアンティークカップで出されてるんですね。

と驚いてソムリエの佐橋さんと談話していると、

ほかに先代が集めたコレクションがたくさんあるから見てみますか?と

出してくださった。


見事なコレクション!ビジュー使いに、銀のハンドルのもの、窓に美人画の総絵付け
どれも手彩色で凝っています。



「これは一部で、まだあるんですよ」と奥から。。。



もっと出てきました!
うわ〜すごい。コープランドにクラウンダービー、ビエナ、パリ窯、
ドルトンに、ウースター。これだけ今集めようとおもったらずいぶん
時間とお金かかります。



長楽館は1909年(明治42年)「たばこ王」と称された
明治時代の実業家村井吉兵衛が
円山公園の一角に建てた私設迎賓館です。 

長楽館その名称は伊藤博文が宿泊した折りに付けられました。
工事は、アメリカ人技師T.M.ガーディナーの設計・監督です


以上、このうんちくはすべて AKIRAのグルメブログから拝借しました。
いつもありがとう=アキラさん


そういう場所なので、コレクションもすばらしいはずです。

デミタスカップはこのごろコンディションの良いのが見つかりにくいので

そろってパーフェクトなカップがズラリは圧巻です。

これはウースターの19世紀、こっちはすごい絵付けのレベルが高いですねぇと

1つ1つ全部手に取って拝見させていただきました。

 1つ1つ手に取って
 拝見させていただきました。。
 「これはウースターの19世紀、
  こっちはドルトンですね。。」

 「ほ=
 毎日使っていましたが、イギリスのものな のかとか、どこの窯とか年代までは知りま せんでした。」



フランスやドイツ周辺のものとイギリス、
それと年代、希少性でいくつかに分けてみました
このくらいならおちゃのこさいさいデス



食事のあと、佐橋さんのご配慮で、
普段公開していない、⒊階の間へ通していただきました。
2階のフロアをぬけて、和の階段を登ります。

するとそこには。。。。

なんと見事な和室が。

この反対側においてある薩摩がものすごくすばらしかったです。

どこかで見たような。。という気持ちになるのは
きっと「千と千尋」じゃないかな。


こいう家に住みたいな=。あこがれです。
洋館の奥に威厳のある和室。どれも手抜きない潔さが。


おいてある調度品、掛け軸、照明、ふすまの取っての彫金とどれもすばらしくて部屋全体が見るべきもの状態。
ウロウロ目をうばわれてパタパタ歩き回るわたし。

その間、げんごろうまるはのんびり窓の外を鑑賞。
「紅葉がまだですね。」

佐橋さん
「はい、年々紅葉の時期も遅く、少なくなっています」

げんごろうまる
「植生が変わってるんですね。木の種類が変わってきたから紅葉しない木が増えて」

佐橋さん
「はい。このごろは新緑のほうが見応えあります。」


新緑の頃、それは見たいですね。
目に青葉。。。きっとキレイだわ。

佐橋さんお忙しいのに、付きっきりで案内してくださって、感謝。
これも
モリスの森さんの名前のお陰だわきっと。
紅葉の紅葉やこの京都、それに佐橋さんや森さんすべてに感謝。

ブログランキン (=+ェ+=) ノ” 

クリックお願いします

◇イン・ラケッチ!(In lak' ech!)マヤ語で、
「私はあなた、あなたは私」
という意味のわたしの大好きな言葉



☆毎日の買い物で支払うお金
これは一種の企業への投票なんだと消費者が自覚し、
私たちみんなが行動を変えれば
きっとCSR(企業の社会的責任)は浸透する事でしょう


週末、Mさんから電話があり、

「きこちゃんひさしぶりに神戸へ行くよ、ご飯食べよう」と

うれしいお誘い。うわーひさしぶりです、行きます無理にでも。と

出かけてきました。

職場の後輩さんも一緒で3人で、中華で有名ななんとかいうお店で、
エビチリとかフカヒレとか焼きそばとか
おなかパンパンにごちそうになり、おまけに
お土産もいただいて、贅沢な一日でした。



posted BY キコ | アンティーク・陶磁器 | 2010.01.29 | CM : 0 | TB : 0