<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

おいしいお店
わたしのおいしいお店とは。。。


大人の神戸
5センチヒール
神戸 北野でフレンチと♡ハートを幸せにしたいなら
和懐食 かなやま(神戸/三宮)
よろんでもらいたい。その気持ちがひしひし伝わるお店
 
スッキリした上品な広さ。席間が空いてて好き。
広々一軒家豪邸。
高木(芦屋)
和食/植むら(三宮)7席だけのカウンタースペースがぴりっとしてて好き。
一軒家サイズちょうど良くてが最高に好き。フレンドリーな暖かみも最高
ルイ ブラン(岡本摂津本山)  好きなサイズのお店/シンプル清潔な白インテリア
懐石料理 三木(神戸 トアロード)一番奥の個室が最高に落ちつきます。
 
3センチヒール〜
和食 魚吟 どい(神戸・阪急六甲)ほどよい空間。和室座敷とカウンターあり。
一軒屋ビストロ パパス (神戸・御影)2011年閉店→オーナーは鍼灸院開設!@三宮
お友達と気軽に美味しいもの食べたい時最高
女子会焼き肉
りんりんお誕生日
源五郎丸お誕生日
ケーキ&カフェ ランプリール オクシジェーヌ(神戸)
パン/フロンドリーブ (神戸 三宮)
悠悠・中華(神戸・岡本)
ケーキ アサヤマ (神戸・芦屋)


大人の大阪

5センチヒール

 

ディファランス(Restaurant Difference)@うつぼ公園

 

ピ グレコ(西天満)編集中

3センチヒール
レストラン コーイン(大阪/上本町)→おかもとと割と似てるかもビストロ調
京都



その他エリア/四国
 
JRホテル 屋久島(屋久島)&屋久島のホテル比較


UK/ENGLAND(英国)



おとりよせ
箕面 兼子 鰻
岐阜 中津川の「松月堂」のクリキントン
四国愛媛 今治の清光堂のイチジクまるごと大福
お気に入り

Steve Jobs Stanford University Commencement Speech 大阪弁バージョン


自分自身備忘録
 
覚え書き
プリティーウーマン 音楽&映画のダイジェスト
ノブレス オブリュージュ
ノブレス・オブリージュ
noblesse obligeフランス語発音: [nɔblɛs ɔbliʒ] ノブレッソブリージュ)とは、直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、日本語では「位高ければ徳高きを要す」




読む価値のあるネットサイト

posted BY キコ | 食べ歩き一覧リスト | 2018.07.01 | CM : 0 | TB : 0

神戸散策しながら、旅から帰ってもほっこり思い出せるような

思い出のうつわを探せるお店を巡って見ました。

jr,阪急、阪神『三宮』駅から歩いて5分。

もっとも人通りの多い、センター街にある

『YUI ゆい 旅と暮らしと』

〒650-0021神戸市中央区三宮町2-10-7グレースコウベビル1 F

オープン10;30. クローズ19:30

078 381 8780 電話

078 381 8890 ファックス

年始を除き無休

屋根のあるセンター街の中にあるので、お天気が悪い日にも濡れずに行ける便利な場所にyuiはあります。

入り口の外観です。神戸でオープンして20年。今年、店名を『クロワッサン』から『yui』に変わり、

リニューアルしたてです。

iPhoneImage.png

店内一番奥には、オーナー高井学さんが大切にしている作家さんのうつわが並びます。

iPhoneImage.png

三木りえさんのうつわ。

土の温かみと含まれる鉱物が生み出す色のコラボレーションが楽しい。

iPhoneImage.png

光藤たすく氏の作品。高井さんの選んだ作家さんが一人づつ丁寧に取り扱いされています。

iPhoneImage.png

ナチュラルな素材を中心にインテリアされた店内はどこも清潔で、気持ちの良い空気。

iPhoneImage.png

店内の半分は、日本全国各地から取り寄せた、生活雑貨が。

どれも、ちょっとした扱いや仕様の違いが使い易さや便利で優れものを

選んであります。オーナー高井氏よりこれはここが素晴らしい。と丁寧に説明してくださいました。

iPhoneImage.png

色とりどりの箸置き。遊びココロがくすぐられます。

iPhoneImage.png

どれも訳あって、選ばれた厳選の品々。こちらも楽しい。

iPhoneImage.png

企画も毎回されておられて、『足に優しい靴』の期間限定フェア中でした。

iPhoneImage.png

奥のコーナーには『かつてない上質なバス旅 真結(ゆい)』のゲストが交流を育むための

『ゆいクラブ』が。

神姫バスが新しく開始したバスツアー『ゆいプリマ』のデザインは、九州のななつ星も手がけた『水戸岡鋭治』氏。

iPhoneImage.png

ゆいクラブのコーナー。壁面には、ななつ星にも使われた『組子』が。

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

yuiゆいオーナーの高井学氏。

日々の暮らしに密着した、知恵があり役にたつ品々と、全国各地の想いあふれる品々をセレクト。

暑く語ってくださいました。

ニコニコしながら、これはここが優れもんだよぅと、楽しくて仕方ないようです。

無邪気でストレートなうつわ愛溢れるお店。

iPhoneImage.png

この頃、ゆいで人気のゼロ ジャパンのティーポット。カラフルでポップな色が目にも楽しい。

iPhoneImage.png

おゼロ ジャパンの値段。

iPhoneImage.png

さて、次のお店へ。

次は老舗中のマニアックなうつわ屋さん『淡州堂』さんです。

●美術陶磁器 淡州堂

  • 〒650-0021
  • 兵庫県神戸市中央区三宮町2-11-1
  • センタープラザ西館2F
  • phone / fax 078-331-8758
  • open 11:00 am / close 19:00 pm
  • ●水曜日定休

ホームページ

http://tansyudo.com

yuiゆいをでてから西へセンター街へ。

淡州堂さんの場所は『センタープラザ西館2階』なのですが、

このセンタープラザ西館は、アクセスする階段&エレベーターが見つけにくい場所にあるので、

その手前(まだ東側)にある、センタープラザの2階へ、上がり、そこから2階の接続通路から

アクセスするのがもっともイージーアクセスです。

これがセンタープラザの1階の一番西の端。

iPhoneImage.png

2階へ上がるエレベーターを上がり、

iPhoneImage.png

接続通路を渡って、隣のセンタープラザビルへ。

センタープラザ2階は、アニメグッズ、ゲームアイテム専門店、フィギュア屋さん、

鉄道模型専門店道、とマニアック。神戸の秋葉原か難波の日本橋のような複合ビル)

濃い雰囲気伝わりますか?

iPhoneImage.png

そんな中を歩くと、現れたのが。。

ありました。淡州堂さんです。これが外観。

『ザ昭和のうつわ屋さん』な香りが懐かしさ。ここに到るまでに通って来た、マニアック街道の空間

のせいもあって、タイムワープしたような気になります。

外観前面から漂い、良い感じです!

iPhoneImage.png

神戸で40年商いされておられる風格あるショーケース。

iPhoneImage.png

取り扱いは幅広く、名門から売れ筋、茶道具まで一式揃います。

長年の経験もありオーナーの藤原さんは頼もしいうつわのプロ。

iPhoneImage.pngiPhoneImage.pngiPhoneImage.png

こちらは、有田、それは波佐見焼だよ、これは京焼と丁寧に説明くださいました。

どれも素敵で目移ります。

おまけに、『お値段は欲しいのがあればおまけしてあげるからね。』と。

わたしは、毎年、九州の有田焼へうつわを買いに行っているのですが、

中にはツーーんとおすましして、『気安く触らないように』な気位の高いうつわ屋さんを経験することも多いので、

割れ物ということもあり、ちょっとクールなうつわ屋さんとは180度違う優しさに、ほっこりしました。

有田焼の料理屋さん好みの。

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

これもめずらしかたちと、綺麗な色合い!欲しい。

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

京焼と波佐見のお茶碗がたくさん。

iPhoneImage.png

杵の上に可愛いウサギが乗った、とても素敵な箸置き。これも珍しいですね。

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

今ではとても作ることが難しい、手の込んだ、徳利。

薄く、綺麗な色合いで、この形にするのは並大抵の技術ではできないのだそうです。

これから先は入手困難。今あるだけだそうです。

iPhoneImage.png

これも形がモダンですが、使いやすそう。。

紫は珍しい!!

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

手書きの赤のライン。これも正確に、均等に細く描いてあり、お料理がどれも映えそう。

iPhoneImage.png

オーナーの藤原氏。照れながらも、うつわのお話になると、止まらなくなりました。

にっこりお優しい笑顔。お気に入りの赤絵を手に。

iPhoneImage.png


posted BY キコ | 食べ歩き一覧リスト | 2018.03.04 | CM : 0 | TB : 0

今夜はセトレのディナーです。

淡路島の形のプレートでお迎え


ボウゼのトリ貝
柚子のジュレ
ユリ根のムース

雲丹とホタテ

ボウゼの鯖をシャンパンビネガーで〆て。

料理長が、目の前で炙ってくださいました。


posted BY キコ | 食べ歩き一覧リスト | 2017.12.16 | CM : 0 | TB : 0